So-net無料ブログ作成
検索選択

ウィキリークス日本語のホームページか内部告発サイトか [ニュース]

日本でも内部告発サイトができるようですね。ウィキリークスとの違いは何なのでしょうか。

himitsu1a.jpg


1. ウィキリークス日本語ホームページ?


日本版の告発サイトということで
来年2月に出来上がるようです。

いよいよ日本もそんな時代なのですね。
というか今までなかったのがおかしいかもしれませんが。

とにかく政府であるとか企業の内部情報が告発される可能性が出てきます。

告発する人は厳重な仕組みで「明かされない」ということですから、
これは辛辣な情報が次々に出てきそうですね。

海外ではもう一般的になったウィキリークスというのがあります。

あのサイトから、どんどん真実が世界に伝わりましたよね。
日本も同様にそんな感じになるのでしょうか。

ちなみに現在ある日本語のウィキリークスサイトはこちらです

◆ウィキリークス日本語サイト を紹介しているサイト
http://www.webdice.jp/topics/detail/2778/


2. 日本版ウィキリークスが2月に?


今回できるのは駿河台大学の経済学部の先生が
開設するサイトだそうです。

高度な暗号化技術により
その匿名性が保たれるそうですが、
ウィキリークスとの違いはなんなのでしょうか。

それは、内部告発する人が、告発する相手を選べる、
という点だそうですね。

そこが最大の相違点だそうです。

それはそれで恐ろしい気もしますが、
そのような仕組みなんですね。


続きは「3. 日本版ウィキリークスができると?」へ



スポンサーリンク









3. 日本版ウィキリークスができると?


とにかく、このようなサイトが仕組みとしてできあがると、
とにかくいろんな裏側の情報が表に出てくるようになる
のではないかと思います。

ひょっとしたら日本が隠しているトップシークレットな情報も、
出てくるのかもしれませんね。

ちょっとこわい気がします。

でも世界の動きとしては

真実をあばく

という流れですから、
日本もその流れに結果的に乗ることになるのでしょうか。

どうなるかわかりませんが、
期待半分、不安半分という感じですね。


関連記事


「ベネッセ漏えい問題で派遣SEが数百万で売却くり返す」
http://bravery.blog.so-net.ne.jp/2014-07-16
ryuushutsu1.jpg



スポンサーリンク



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました