So-net無料ブログ作成
検索選択

エボラにアビガン!ドイツで回復 [健康]

エボラ出血熱に日本で開発された新薬「アビガン」をドイツで使用したところ回復したとのことです。

doitsu1.gif


1. エボラ出血熱の猛威が止まらず


エボラ出血熱ですがまだまだ広がっています。

感染者が1万人を超えたという報道もありましたね。
WHOがもっと広がるだろうと懸念しています。

そして、以前の記事でも書きましたが
日本で開発された薬が、いよいよ世界で認可され始めようとしています。

 記事:「エボラ出血熱の日本での報道


日本の富士フィルムで開発され
富山大学で研究がされた「ファビピラビル」ですが

アビガン」という名前の薬として
エボラ出血熱の特効薬の期待が高まっています。

ようやく日本の薬が認められ始めたんですね。

これからエボラ出血熱の広がりに
歯止めがかかるといいですね。


2. エボラ出血熱にアビガン!ドイツで回復?


このアビガンという薬ですが、どのように効果的なのでしょうか。

通常、エボラウィルスなどのウィルスは
人間の体内の細胞に入り込み、増殖します。

アビガンは、この「ウィルスの増殖」を抑えてくれるんだそうですね。

もともとはインフルエンザ用の薬として
開発されたようですが

基本的にはエボラウィルスに対しても
同じように働くとのことです。


そして今回、ドイツで使用されたケースで
回復が見られたとのことです。

素晴らしいですね。


続きは「3. エボラ出血熱の撲滅に貢献できるか?」へ



スポンサーリンク









3. エボラ出血熱の撲滅に貢献できるか?


この日本で開発されたアビガンですが
果たしてエボラ出血熱の撲滅に貢献できるのでしょうか。

撲滅はさすがに難しいかもしれませんが
ただ、拡散に歯止めはかけられそうですね。

このアビガンのすごいところは
先程も書きましたが、ウィルスの増殖をとめられるところにあります。

他の薬では、ウィルスを細胞内に閉じ込めることはできるけれども
ウィルスの増殖を止めることはできないんだそうです。


エボラの感染者への使用はドイツ以外にも
フランスやスペインで試されているようですね。

この薬の臨床試験は本格的にこれからなされるようですが
効果が認められれば世界的な貢献となることは間違いないですね。

日本人のがんばりがまた評価されることになりそうですね。
素晴らしいですね。


関連記事


「エボラ出血熱の日本での報道」
http://bravery.blog.so-net.ne.jp/2014-08-12
ebora1.jpg

「エボラの指定施設 - 日本では?エボラの指定施設 - 日本では?」
http://bravery.blog.so-net.ne.jp/2014-10-19
ebolashisetsu1.jpg

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

イネ科の花粉症が秋にも多い? [健康]

イネ科の花粉症が夏や秋に多いといいます。どういうことなのでしょうか。

ineka1.jpg


1. イネ科 花粉症は秋にも?


花粉症といえば春の代名詞ですが
秋の花粉症も意外と多いんですよね。

というより、花粉症はもう一年中ある
といったほうがいいかもしれません。

もちろん春のスギ花粉が一番影響が大きいようですが。

そして秋はブタクサによる花粉症も多いでよね。

あまり知られていませんが、イネ科の花粉症も多いんだそうです。


2. イネ科の花粉症


イネ科の花粉症は実際には夏が多いみたいです。

イネ科というと思いつくのがススキですが
ススキや麦、カモガヤなどのイネ科の植物は
夏から秋にかけて花粉が飛ぶ
んだそうですね。

暑さで意外と油断している夏に
花粉が飛んでいるというのは、ちょっといやなものですよね。

もちろんアレルギーということですから
体がイネ科の花粉に反応しなければいいのですが
なんだか夏から秋にかけて鼻水が、という人は
ひょっとしたらこのイネ科の花粉症なのかもしれません。


続きは「3. イネ科花粉症の秋の対策は?」へ



スポンサーリンク









3. イネ科花粉症の秋の対策は?


このイネ科の花粉症の秋の対策はどうすればよいでしょうか。

やはり、花粉症は花粉症ですので、一般的な花粉症対策でいいと思います。

つまりは「花粉を浴びないような対策をとる」ということですね。

そうなるとどうしても「マスク」ということになります。

「外出はなるべくしない」「外出したあとは服をはたく」など
花粉症対策のお決まりのコースとなりますね。

メガネやサングラスというのも効果的かもしれません。

こまめな掃除もいいでしょう。

掃除についてはハウスダストやダニの除去にもなりますから、なおさらいいですね。

空中の飛んでいるカビの胞子もアレルゲンですから、空気清浄機など使うのも良いでしょう。

お大事にしてください。


関連記事


「2014花粉症の市販の目薬でおすすめなのは?かゆみや充血には?」
http://bravery.blog.so-net.ne.jp/2014-02-21-3
inumegusuri1.jpg

「2014花粉もPM2.5も今日から本格的に?予防とアレルゲン対策は?」
http://bravery.blog.so-net.ne.jp/2014-02-25
pm25map1.jpg

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。